The history of Ikebana ・いけばなの歴史

日本で生まれた伝統文化の一つに華道があります。華道はただ花を飾るだけでなく、花を見て感じる感情や自分が理想とする美しさ、そして自然の尊さを表現する一種の芸術でもあります。

こちらでは、華道の歴史についてご紹介いたします。

いけばなの歴史  The history of Ikebana    

It is thought that Ikebana has been practiced for more than 600 years.

  今から、600年ほど前から始まったと考えられています。 

Monks decorated with Kuge flower for offerings to Buddha .It is said the altar offering is 'The Origin ' of Ikebana.  

僧侶が仏様にお供えする供花(くげ)としてお花を飾ったことが始まりだと言われています。

The first appearance in the literature was in (1459-1468) 'Hekizan Nichiroku' (a diary of the monk Daikyoku) and was written that everyone was surprised about splendid flowers  of Ikenobo.

東福寺の僧、雲泉太極の日記「碧山日録(へきざんにちろく)」(1459~1468)に、池坊専慶の挿す花の素晴らしさに皆が驚いたと書かれています。

A traditional Japanese style of architecture called Shoinzukuri was established in the beginning of Muromachi era from the Kamakura period.

また、鎌倉時代から始まり室町時代に確立された建築様式に書院造りがあります。 

In the beginning of Muromachi period, small alcove (:Tokonoma) was made in a room to distinguish the noblemen and royal retainer’s class. Ikebana was used to decorate the alcove. The main distinguishing feature of the noblemen and royal retainer's class was decorating Ikebana back of their room.

If Ikebana is placed to the left side when you enter the room, it's called 'Hongatte', and if right side it’s called 'Gyakugatte'.

 室町時代に入り、上下関係がはっきり分かるように奥の方に一段高くなった床の間が作られるようになり、そこへ飾るものとして「いけばな」が確立されてきたようです。

部屋の左側へ置く場合が本勝手、右側へ置く場合が逆勝手と言います。

 

日本では太古から仏前や死者に花を供える文化がありましたが、本格的に花を飾る文化が始まったのは仏教が伝来した頃とされています。仏教では仏前に花を供える供花という風習がありますが、その仏教の教えが広まるとともに、人々はさまざまな場所に花を飾るようになりました。しかしその頃は、花瓶に花を挿しただけのものだったようです。

室町時代になると、花は決められた方法に従い、床の間に飾られるようになりました。当時は書院造という建築様式が流行っており、違い棚などが設けられた床の間を華やかにするために飾っていました。そうした中、六角堂の僧侶である池坊専慶が飾った花が京都で話題になります。美しい花を金瓶に挿しただけのものでしたが、多くの人が感銘を受けたようです。

その後、花の名手と呼ばれていた池坊専応という人物によって花に形や思想が備わります。「ただ美しい花を花瓶に挿すだけではなく、枯れた枝も用いながら草花の自然の姿を器の上に表現する」という池坊専応の思想は書物にも記されています。その思想は多くの人に広まり、草花の生命を表現する華道が完成しました。

生花 華道には、立花・盛花などいくつかの活け方がありますが、現在では多くの人が自分の好きな花を自由に花器に活けています。どのような活け方であれ、華道をする者にとって一番大切なものは、美しいものを愛する心です。

華道は敷居が高いというイメージがありますが、Yumehana Schoolでは初心者でも入門しやすい通信教育講座を行っております。毎月自宅へ届くテキストを使用しながら、思い思いに華道を楽しむことができます。

資格取得も可能なので、まずはお気軽にお問い合わせください。

自然派 生け花教室 お問い合わせ先
yumehana2011@gmail.com

2011-11-18 14.52.00 (1).jpgのサムネール画像