夢花通信 2015.02.15

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日送信した夢花通信の内容です。

 

生け花を行う上で一番重要なお道具は剣山だと思います。

お花などの位置を決め、それらを倒れないように支えるため、材質は金と同等の重さを持つ鉛などを使用しています。

剣山を置く位置と剣山へ挿す位置は、生け花の基本中の基本だと思ってください。

 

【剣山へ挿す位置の重要性】

山に生えている木々をご覧になったことは多々あると思います。

根は地面の下へ伸び、樹木は太陽に向かって伸びています。

それらが上に向かって伸びている様子は、隣の木々と交差してますでしょうか?

台風などの影響が無い限り、根が生えている地面とほぼ平行か少し広がって、伸びていると思います。殆どの場合、木々も隣へ迷惑が掛からないよう伸びて行くように思います。

小さな草花は、風の影響などを受け交差していることもありますが。。。

自然界の基本を、生け花にも取り入れて、無理の無い位置へ、お花達を挿してください。

枝葉やお花の位置を決める際、その気持を持っていれば、自ずと居心地の良い場所へ挿していくことができると思います。

IMAG4319-1.jpg

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yumehana-ikebana.jp/mt/mt-tb.cgi/36

コメントする